Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託業者が個人情報含む帳票を紛失 - 大阪市水道局

大阪市水道局は、水道メーターの委託検針員が個人情報含む「水道使用量等のお知らせ」2件を紛失したと発表した。

紛失した帳票には、顧客の氏名、調定番号、使用水量、請求予定金額などが記載されていた。9月1日に同市が水道メーターの検針業務を委託している民間業者の検針員が紛失したもの。

複数名で周辺を捜索したが見つからず、警察に届け出た。同局では、対象となる顧客を直接訪問して説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2008/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ポプラ、料金収納払込票を紛失 - 拾得者「公園のゴミ箱に捨てた」
料金払込票を一時紛失、配送センター洗浄室で回収 - ミニストップ
生活保護受給者の複数記録簿が所在不明 - 八尾市
防犯協会送付用の自転車防犯登録カードを紛失 - 栃木のホームセンター
印刷ミスの受託県税督促状を駅ゴミ箱に - 兵庫県委託先
廃止店舗の顧客情報記載帳票が所在不明 - 東北労金
顧客情報含む定期預金期日管理表を紛失 - 三重銀
定期預金の印鑑届を紛失、誤って廃棄か - 北越銀
婦人靴売り場で顧客情報含む帳票を紛失 - 高崎タカシマヤ
3店舗で顧客情報約2.4万件を紛失 - 福井信金