Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Winny経由で個人情報流出させた小学校教頭を懲戒処分 - 三重県

三重県は、ファイル共有ソフトを利用し、個人情報を外部に流出させたとして、東員町立神田小学校の教頭に対して懲戒処分を行った。

同県教育委員会によれば、同教頭は個人情報含む業務データを許可を得ず持ち帰り、自宅のパソコンに保存。パソコンにファイル共有ソフト「Winny」や「Share」をインストールされており、ウイルスに感染したことから2005年度の全校生徒374人分の個人情報含む名簿などがインターネット上に流出した。

7月に掲示板へ流出を指摘する書き込みが行われ問題が発覚。同県教委では今回の事故を受け、同教頭に対して減給10分の1、1カ月の懲戒処分を実施した。

(Security NEXT - 2008/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当
松井証券で顧客資産約2億円が不正引出 - 長年業務に携わる委託先SEが権限悪用
新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
保護者の個人情報を私的利用、教員を懲戒処分 - 宮城県
生徒の個人情報紛失で教諭を戒告処分 - 福岡市
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校