Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業向けウイルスバスターの脆弱性解消パッチを提供へ - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、企業向けの「ウイルスバスター」で見つかった脆弱性を解消する修正プログラムを9月3日より順次公開する。

今回提供される修正プログラムは、「ウイルスバスターコーポレートエディション」や「ウイルスバスタービジネスセキュリティ」「Client/Server Security」など、一部企業向け製品に見つかった脆弱性を解消するパッチ。

問題の脆弱性は、ウェブ管理コンソールの認証を回避できるもので、正規ユーザー以外の第三者からアクセスされる可能性がある。Secuniaが8月22日にアドバイザリを公表していた。

修正プログラムは、9月3日より順次公開され、9月25日までに各関連製品へ提供される予定。同社では、修正プログラムがリリースされるまでの回避策として、ウェブ管理コンソールへの接続方法をSSLへ変更するよう呼びかけている。

ウイルスバスター コーポレートエディションおよびウイルスバスター ビジネスセキュリティ用 Critical Patch 公開のお知らせ
http://www.trendmicro.co.jp/support/news.asp?id=1138

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2008/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「iOS 14.4」がリリース、悪用報告あるゼロデイ脆弱性に対処
ネットワーク管理製品「Aruba AirWave Glass」に複数の深刻な脆弱性
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明
Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処
NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消