Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

被保険者の個人情報含む書類を紛失 - 東京都報道事業健保組合

東京都報道事業健康保険組合において、被保険者368人の個人情報が記載された書類の紛失が判明した。

所在が不明になっているのは、7事業所から提出された算定基礎届や月額変更届など届書のほか、総括表や調査書、被保険者リストなどの書類。被保険者368人分の個人情報が含まれるという。7月1日から10日の間に、各被保険者の標準月額を算定するため事業所から提出された書類を事務処理する際に紛失した。

同組合では、対象となる事業所に対して説明や謝罪を行った。紛失した情報の不正使用など、二次被害は確認されていないという。

(Security NEXT - 2008/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

保健所で感染症法関連書類の誤送付が発生 - 大阪府
新型コロナ宿泊療養施設で他療養者の健康保険証が閲覧可能に
本人確認記録書が所在不明、一部店舗では誤廃棄を確認 - みちのく銀
国保給付申請書1.3万件を紛失 - 神戸市
本人確認用の住民票写し、別人に返却 - 住信SBIネット銀
国保加入者情報入りUSBメモリが3月以降所在不明 - 所沢市
健康保険関連の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 蒲郡市
個人情報含むPCが所在不明、誤って廃棄業者に引き渡しか - 角田市
保険料の一部通知書が所在不明、郵便局の連絡で判明 - 島本町
被保険者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都信金健保