Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

絵本のポータルサイトがSQLインジェクションで顧客情報が漏洩

絵本ナビが運営する絵本の情報サイトが不正アクセスの被害を受け、顧客情報2万7469件が外部へ流出していたことがわかった。

4月にSQLインジェクション攻撃による不正アクセスを受け、同社が提供する「絵本ナビ」「絵本ナビShop」「絵本クラブ」の一部ユーザー情報が流出したもの。流出データの内容はIDとして利用するメールアドレスやパスワードのみで、氏名や住所、クレジットカード情報などは含まれていないとしている。

同社によれば、6月20日未明にサイトが改ざんされ、マルウェアを埋め込まれる被害が発生。同社では改ざんに気が付き、一時サイトを閉鎖して改修。同日夜にサービスを再開したが、ログの調査を進めたところ、4月の時点で別の攻撃により顧客情報が漏洩していることが判明したという。

同社では、7月はじめに経済産業省へ事態を報告。また警察へ被害を届けており、漏洩による不正利用の報告も受けていないという。すでに脆弱性は解消しており、関連する利用者に対して謝罪のメールを送信し、パスワード変更への対応など依頼している。

また発表が遅れたことについては、二次被害を防ぐために改修後の発表となったと説明。改修時についてもアクセスログの監視により顧客情報を保全していたとして、理解を求めた。

(Security NEXT - 2008/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
不正アクセスで個人情報流出の可能性 - 統一教会関連出版社
事務用品通販サイトから個人情報流出 - 最大12万件に影響
ウェブアプリ脆弱性検査ツールに上位版 - 「ブラインドSQLi」や「XXE」に対応
つり番組サイトに不正アクセス - 「脆弱性診断ツール」を悪用か
農業求人サイトに不正アクセス、情報流出の可能性 - スパムや不審郵便物届く
結婚式招待状の通販サイトに不正アクセス - メアド約2.8万件が流出か
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認