Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDI香港のメールサービスで第三者へ不正転送される障害

KDDI香港のメールサービスで障害が発生し、第三者へメールが転送される事故が発生したことがわかった。

7月31日から8月14日まで障害が発生したもので、同社によれば過去に例がない障害だという。同社では、不正アクセスによりプログラムが改ざんされていた可能性も視野に入れ、原因の詳細について調査を進めている。

また被害の影響は利用者により異なるが、すでにシステムは復旧しており、同社では関係者に対して被害について説明や謝罪を行っている。

今回の事故により外務省に影響が出ている。在香港総領事館が同社サービスを利用していたことから、今回のトラブルによりメールが不着になった可能性があると公表。必要に応じて再送信してほしいとウェブサイトを通じて呼びかけた。またあくまでメールの不着であるとし、内部情報の流出はないと強調している。

KDDI香港
http://www.kddi.com.hk/

外務省
http://www.mofa.go.jp/

(Security NEXT - 2008/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「vBulletin」の脆弱性狙う攻撃、8月から断続的に発生
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
不正プロダクトキー販売、不正競争防止法違反で送検
サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら
問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害
高等専門学校向けのセキュリティコンテストを11月に開催
東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
信用保証情報を含むファイルを誤送信 - 長崎県信用保証協会
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ