Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェアの被害ファイルを復元できる無償ソフト - Doctor Web

Doctor Webは、暗号化を行い、復号化と引き替えに金銭を要求するランサムウェア「Trojan.Encoder.19」の被害ファイルを復元する無償ユーティリティを公開した。

同社によれば、問題のトロイの木馬へ感染すると、「doc」「xls」「jpg」をはじめ、PC内のドキュメントや画像、動画、音声、ソースコードなど特定の拡張子を持ったファイルが勝手に暗号化されるという。さらにPC内には、復号するにあたり10ドルを支払うよう要求する脅迫状が保存される。

同社では、「Trojan.Encoder.19」を解析し、コマンドプロンプトから被害ファイルを復元するユーティリティを開発。今回無償で公開したもので、ウェブサイト上から誰でもダウンロードし、利用することができる。

被害に遭った場合、トロイの木馬が潜伏している可能性があるため、ユーティリティを利用する際はあらかじめ駆除を実施した上で利用するよう同社では案内しており、今回のユーティリティで復元できないファイルがあった場合はサンプルとして提供してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内組織の3割強が過去3年間にランサム被害 - 暴露予告や関係者への通知で圧力
複数サーバでランサム被害、アラートで気づく - ダイナムJHD
複数サーバがランサム被害、詳細を調査 - 日本盛
警察へのランサム被害報告、1年で倍増 - 目立つ「VPN機器」経由の侵入
ランサム被害で個人情報流出の可能性 - クロスプラス
「CODE BLUE 2022」の全24セッションが決定
サーバにサイバー攻撃、ランサムウェアか - NITTAN
ランサム被害、リモート接続の脆弱性が侵入口に - ニチリン
QNAP製NASを狙うあらたなランサム攻撃 - アプリの更新を
明治の海外グループ会社がランサム被害 - 犯行声明も