Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウイルスセキュリティ」などに検知機能が停止する脆弱性 - IPAが注意喚起

情報処理推進機構(IPA)は、ソースネクストが販売するウイルス対策ソフト「ウイルスセキュリティ」などに外部からの攻撃により機能が停止する脆弱性が含まれているとして注意喚起を行った。

脆弱性が見つかったのは、「ウイルスセキュリティ」と「ウイルスセキュリティZERO」の2製品。いずれも「バージョン9.5.0173」やそれ以前の製品には、ファイルスキャンの圧縮ファイル処理に問題があり、細工されたファイルをスキャンすると機能が停止するおそれがあるという。

脆弱性を攻撃され、スキャン処理が停止した場合、ウイルスの検知が行えなくなるため、ウイルスに感染しやすくなる。最新版である「バージョン9.5.0227」では問題が解決されており、アップデートすることにより脆弱性を解消できる。

脆弱性はフォティーンフォティ技術研究所の鵜飼裕司氏が3月に脆弱性を発見し、IPAへ報告。JPCERTコーディネーションセンターが公表に向けて調整を行っていた。

ウイルスセキュリティおよびウイルスセキュリティZERO におけるサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性
http://jvndb.jvn.jp/contents/ja/2008/JVNDB-2008-000050.html

情報処理推進機構
http://www.ipa.go.jp/

(Security NEXT - 2008/08/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Cisco、セキュリティアドバイザリ9件を公開 - 「Blast-RADIUS」の影響も
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
「Magento」「VMware vCenter」など脆弱性3件の悪用を確認 - 米当局が注意喚起
「Apache HTTPD」が今月3度目のセキュリティアップデート
SonicWallのVPN関連で複数の脆弱性 - アップデートが公開
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性