Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電子政府推奨暗号リストの改訂に関する骨子案で意見募集 - 総務省と経産省

総務省と経済産業省は、「電子政府推奨暗号リストの改訂に関する骨子案」を取りまとめ、現在意見募集を行っている。意見の受け付け締め切りは9月5日。

両省では、暗号技術検討会を開催し、電子政府が利用する暗号技術について客観的な評価により安全性や実装性に優れる暗号技術をリストアップし、2002年度に電子政府推奨暗号リストを発表しているが、暗号に対する解析や攻撃技術の高度化や新技術が開発されていることから、リストの見直しを実施するもの。

今回取りまとめた骨子案に対する意見募集の結果を踏まえ、2008年度中に暗号技術の公募に関する基本方針を決定し、2009年度から暗号技術の公募を実施する計画。

(Security NEXT - 2008/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
デジタル署名検証ガイドラインを公開 - JNSA
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
不正アクセスで顧客宛に詐欺メール、個人情報流出の可能性も - 暗号資産取引所
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
凸版印刷とNICT、「耐量子 - 公開鍵暗号」の技術確立で共同研究
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
公共事業受託事業者のランサム被害、流出範囲特定で難航か
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」