Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

被保険者の個人情報を一時紛失、2日後に回収 - 富山社会保険事務局

富山社会保険事務局は、高岡社会保険事務所において、被保険者12人の個人情報を紛失していたことを明らかにした。2日後に回収されたという。

一時紛失していたのは、同事務所管内の被保険者12人分の個人情報。氏名、住所、生年月日、基礎年金番号、国民年金保険料の納付記録などが含まれる。7月12日に同事務所の国民年金推進員が紛失し、同日中に警察へ紛失届を提出。14日に回収された。

同事務所では、対象となる被保険者の自宅を訪問して説明と謝罪を行った。今後は管理者が推進員の活動状況や活動結果を定期的にチェックを行い、再発防止を目指すという。

(Security NEXT - 2008/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

重石ずれて廃棄書類がトラック運搬中に飛散 - 阿賀町
イベント参加者情報含む名簿を一時紛失 - トヨタツーリスト
職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
医師がワクチン接種予診票を地下鉄内で紛失 - 商業施設トイレで見つかる
ワクチン接種会場で名簿紛失、被接種者の返却書類に - 名古屋市
PCR検査の受検者情報を委託先が紛失、その後回収 - 大阪府
新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市
国勢調査の調査員が個人情報含むメモを一時紛失 - 江戸川区
指導手帳を一時紛失、電車内に置き忘れ - 神戸市中学校