Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報サービス事業者による個人情報関連事故の報告件数が倍増

情報サービス産業協会(JISA)は、2007年度にプライバシー認定事業者や申請中の情報サービス事業者から受け付けた個人情報関連事故の傾向を取りまとめ、公表した。

2007年度に同協会が受け付けた事故報告は、2006年度の52社74件から大きく上昇し、88社141件だった。プライバシーマークの認定が取り消された事業者はなかった。同協会では、報告が増加した原因について、認定事業者の増加や報告体制の定着によるものと分析している。

事故の原因は、パソコンや携帯電話、書類などの紛失が31.9%でトップ。特に携帯電話の紛失事故の報告が増えているという。メールの誤送信(17.7%)、委託先の事故(13.5%)、ファックスの誤送信や送付物の誤封入(12.8%)が続いた。

「Winny」や「Share」といったファイル共有ソフトによる事故は、2006年に17.6%まで増加したが、2008年は減少し、前々年とほぼ同水準の7.1%と落ちついた。ただし「委託先の事故」において約3分の1はファイル共有ソフトに起因した事故で合わせると1割を超える。

同協会によると、事故発生後に実施される従業員教育について、自覚を持って受講されていないケースなど、理解度不足が目立ったなど問題点が目立ったという。

また、内部犯行による事故は少なかったが、社会的に大きく信用を失った事例があるとして「性善説」から「性悪説」に基づく管理方針へ転換することが重要と指摘。アクセス権限の設定やログの取得、教育による啓発など対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ
マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
情報銀行へのデータ提供、7割超が位置情報NG - 「規約すべて読み同意」8%
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
1月のフィッシング、報告数減となるもURLは増加
8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表