Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アニメ製作会社のボンズが社内情報の漏洩を否定

アニメ製作会社のボンズは、インターネット上で公開された同社スタッフの個人情報を含むファイルについて社内からの情報漏洩を否定した。

問題となっている事件は、スタッフの一覧が含まれるファイルが、6月に複数のアップローダー上で公開されたもので、掲示板などにおいてさまざまな憶測を呼んでいる。同社では、同様の形式のファイルは社内に存在していないと説明、内部情報の流出を否定した。

公開されているファイルには、スタッフの評価や中傷する内容が含まれていることから、同社では第三者がスタッフの名誉や同社の信用毀損などを目的に作成したものと結論付けており、アップロードした人物を特定した上で厳正な対応を行うという。

(Security NEXT - 2008/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
地域掲示板にモニター募集の偽投稿 - 三重県が注意喚起
「サイボウズGaroon」に掲示板データを削除される脆弱性 - パッチが公開
紛失した市営住宅の入居者名簿を回収 - 大村市
国立感染症研に不正アクセス - 掲示板に書き込み
国内組織の意図せぬ従業員情報がネット上で流通
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大
Android狙う情報窃取アプリ、SMSで拡散 - 銀行アプリを偽物に置換
性格など記載された小学校名簿が町内掲示板に - 仙台市
【特別企画】「ウェブフィルタリング=入口対策」はあたりまえ、内部からの不審通信対策にも効果がある「あの製品」