Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windowsのゼロデイ脆弱性「CVE-2024-21412」、昨年12月下旬より悪用

現地時間2月13日にマイクロソフトの月例セキュリティ更新で明らかとなったWindowsのゼロデイ脆弱性「CVE-2024-21412」が、少なくとも2023年12月下旬より一部攻撃グループによって悪用されていることがわかった。

「CVE-2024-21412」は、インターネットショートカットファイルの処理に明らかとなった脆弱性。インターネットショートカットファイルは、拡張子が「.url」で、特定のウェブページやネットワーク上の場所を示すために利用されている。

悪用を防ぐためセキュリティ機能が用意されているが、同脆弱性を悪用されると同機能をバイパスされるおそれがある。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「8.1」、重要度は4段階中、上から2番目にあたる「重要(Important)」。

Zero Day InitiativeやGoogle、Aura Information Securityなど複数のセキュリティ研究者よりマイクロソフトに報告があり、同脆弱性が判明した。

Trend Microによれば、別名「DarkCasino」としても知られる攻撃グループ「Water Hydra」が、同脆弱性に対して攻撃を展開していることを確認しているという。

同脆弱性を悪用するには、細工したファイルをユーザーに開かせる必要があり、攻撃が成功するとマルウェアに感染させることができる。同グループは、JPEGファイルに見せかけた悪意あるファイルを用いて、リモートアクセスツール(RAT)」「DarkMe」を感染させようとしていた。

(Security NEXT - 2024/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場
WordPress向けプラグイン「InstaWP Connect」に脆弱性
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分
「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映
小学校で保護者や教職員の口座番号含むUSBメモリを紛失 - 東村山市
従業員メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - 組込機器メーカー
「PHP」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートで修正
AIシステムの安全な実装運用に向けたガイダンスを公開 - 米政府ら
検索用目録と誤って個人情報含むファイルを誤公開 - 新潟県