Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OSに依存しないセキュリティ機能を搭載した外付けHDDに大容量モデル - ロジテック

ロジテックは、OSに依存しないセキュリティ機能を搭載した外付けハードディスク「LHD-HBSU2シリーズ」に大容量モデルを追加した。7月下旬に発売予定で、価格は1Tバイトモデルが4万5570円、640Gバイトモデルが2万8875円。

同製品は、OSに依存しないハードウェアによるセキュリティ機能を搭載したUSB2.0対応の外付けハードディスク。フロントパネルの「i-Dial」により不正アクセスを防止する「パスワードロック機能」を設定できる。

またデータの暗号化を行うWindows向けセキュリティソフト「Logitec Secure Projects」を添付。さらに同社独自のドライブクーリングシステム「A.S.C SYSTEM」を搭載。ハードディスクに密着する「ヒートシンク」や温度監視を行う冷却ファンを搭載している。

080704lt.jpg

(Security NEXT - 2008/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
復号化せずに「SSL/TLS」を用いたDDoS攻撃を防御 - Radware
管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック