Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ESET NOD32アンチウイルス V3.0」に4種類のライセンス版

キヤノンITソリューションズは、ウイルス対策ソフト「ESET NOD32アンチウイルス V3.0」のライセンス販売を7月1日より開始する。

同社では今回ライセンス体系を見直し、企業向けライセンスをはじめ、教育機関向けライセンス、官公庁向けライセンス、スクールパックの4種類を用意。また従来は付属しなかったクライアント管理ソフト「ESET リモートアドミニストレータ V2.0」を標準で提供する。

同管理ソフトを利用することにより、コンピュータや定義ファイルのバージョン情報を取得したり、ログの収集、レポートの作成することが可能。またリモート操作により、プッシュインストールやウイルス定義データベースの更新を行うことができる。

また今回の発売に合わせ、上位版にあたる「ESET Smart Security」に官公庁向けライセンスを追加した。

(Security NEXT - 2008/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
「Lazarus」が新コロ研究情報を物色 - 政府や製薬企業に攻撃
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
ESETの脅威情報サービスを提供 - キヤノンMJ
9月は「HTML/ScrInject」が前月比2.5倍に - 国内外で急増
データ暗号化製品を名称変更 - ESET
【追記あり】「VLCメディアプレイヤー」に深刻な脆弱性 - パッチは未提供
人気顔写真加工アプリの便乗攻撃 - 有料版が無料とだます手口
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供