Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

業務メールの送信ミスで顧客のアドレスを流出 - 千葉の不動産業者

不動産業を展開する千葉県浦安市のダイニチは、グループ会社にメールを送信する際、誤って顧客119人にアドレスが流出したことを明らかにした。

グループ会社の従業員に対して、5月9日に業務メールを送信した際、ミスが発生したもの。担当者が送信対象を選ぶ際、誤って顧客のアドレス119件も選択してそのまま送信し、アドレスが閲覧できる状態となった。そのうち38件は未着だったという。

同社では対象となる顧客へ謝罪し、誤送信メールの削除を依頼した。また、個人の特定ができる顧客には、電話や文書で謝罪している。

(Security NEXT - 2008/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
商品の入荷を通知するメールで誤送信 - 化粧品メーカー
展示会の案内でメアド流出 - 中部経済新聞社
クラファン支援者の個人情報が閲覧可能に - 関東大学バレーボール連盟
案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
ボランティア育成プログラム参加者宛のメールで誤送信 - 人と動物の共生センター