Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Vistaへ対応した脆弱性評価ツール「MBSA」の最新版を公開 - MS

マイクロソフトは、コンピュータをスキャンし、セキュリティ状況や脆弱性を評価できる管理者向け無償ツール「Microsoft Baseline Security Analyzer(MBSA)」の最新版を公開している。

「同2.1」は、コンピュータにおいて同社が推奨するセキュリティ対策を実施しているか確認し、対策が誤っていたり、不足する場合にガイダンスを提供する脆弱性評価ツール。

最新版では、Windows VistaやWindows Server 2008との互換性が向上し、64bitをサポート。またユーザーインターフェイスやWindows Embeddedのサポートが強化したほか、Windows Update Agentの最新バージョンが含まれる。

同社では、「Visio Professional 2007」のネットワーク図に「MBSA 2.1」のスキャン結果を表示する「Microsoft Office Visio 2007 Connector for Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) 2.1」についても提供している。

(Security NEXT - 2008/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VPN接続してネットワーク内のIoT機器リスクを可視化するサービス
JIPDEC、JCAN証明書発行事業をGMOグローバルサインに譲渡
脆弱IoT機器の発見管理技術を共同研究 - ゼロゼロワンと横国大
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
「Azure」のセキュリティ対策やコストを診断 - 日商エレ
重要インフラ向けにリモート訓練サービス - 日立
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
AWSのセキュリティを診断し可視化するサービス - TDCソフト
電子決済サービスのセキュリティリスクを評価するサービス - NRIセキュア