Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プログラムの設定ミスでポイント残数を誤表示 - ENEOSカード

三菱UFJニコスは、プログラムの設定ミスにより、「ENEOSカード」の利用明細書に印字ミスが発生し、誤ったポイント数が記載されたと発表した。

印字ミスが発生したのは、2008年5月度の利用明細書やウェブ会員向けの利用明細紹介サービス。一部利用者において、獲得した残ポイント数が誤って表示されたという。

同社では関連する会員へ、5月26日以降にポイント数の正誤表を送付し、謝罪する。また誤った情報により、ポイント交換でトラブルが発生することを防止するため、ポイント交換の受け付けを一時停止しており、再開は5月28日ごろとなる予定。

三菱UFJニコス
http://www.nicos.co.jp/

(Security NEXT - 2008/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
クラウドデータ消失の「ふくいナビ」、バックアップ判明し復旧へ
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
「雇用調整助成金」のオンライン受付システムが再開
写真クラウドのデータ消失、原因はプログラムミス - キヤノン
誤アップロードされた個人情報、削除されずメール配信 - スペースマーケット
マスク販売の当選メールで宛先が流出 - プログラム不具合で
プログラム改修ミスで料金を誤請求 - 東電子会社
MSが新元号対応を説明、API連携などにも注意喚起 - 危険な実装例も