Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「弥生のかんたん開業届」で不具合 - データに他利用者情報

弥生は、無料オンラインサービス「弥生のかんたん開業届」に不具合があり、一部利用者において入力した情報が別の利用者から閲覧されるおそれがあったことを明らかにした。

「弥生のかんたん開業届」は、青色申告や給与支払いなど、個人事業主の開業手続きに必要な書類を作成できる無料サービス。

同社によれば、サービスの提供を開始した2023年2月28日から修正を行った2024年1月15日まで、特定条件下で別の利用者に関する情報を含む書類がダウンロードされるおそれがあった。

具体的には、異なる2人の利用者が書類データのダウンロードボタンを押した際、プログラムによる内部処理の時刻が2秒以内だった場合、あとから処理されたデータが上書きされる競合状態(レースコンディション)が発生していたという。

別の利用者にデータを閲覧された、または別の利用者の情報を閲覧できたなど、影響を受けた可能性がある利用者はあわせて152人としている。

(Security NEXT - 2024/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

発覚2カ月前にもマルウェア実行の痕跡、情報流出は否定 - こころネット
JetBrainsの「TeamCity」深刻な脆弱性 - 詳細も公開、早急に対処を
アジア地域の若年層向けCTF大会「ACSC 2024」が3月下旬に開催
バックアッププラグイン「WPvivid」の旧版に深刻な脆弱性
2月修正のWindows脆弱性、北朝鮮グループがゼロデイ攻撃に悪用
案内メールに顧客リストを誤添付して送信 - 写真販売サービス会社
高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県
Arubaのアクセス制御製品に複数脆弱性 - アップデートで修正
「WordPress」向けメンバー管理プラグインにSQLi脆弱性
生活保護受給者関連の書類が強風で飛散して紛失 - 墨田区