Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小企業向けの不正侵入防御システム - 日本IBM

日本IBMは、中小企業向けに不正侵入を防御するセキュリティソリューション「IBM X-Force Office Guard Pack Express」を発表した。

同ソリューションは、不正侵入を防御するIPSのレンタルと、同社のセキュリティ専門スタッフによる24時間の遠隔サポートを組み合わせたもの。機器の運用や管理は同社が遠隔地から行うため、情報システム管理の専門スタッフを配置しなくても利用できる。

また、世界7カ所に拠点を持つ同社監視センター「セキュリティー・オペレーション・センター」を活用し、世界中で発生しているウェブサイトへの攻撃に関する情報収集や動向の分析を実施。収集した最新情報をもとに必要に応じて対策を講じるという。

(Security NEXT - 2008/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
UTMに1Uの高スループットモデルを追加 - ウォッチガード
Cymulate製の疑似標的型攻撃サービス - 内部感染フェーズも再現
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス