Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小企業向けの不正侵入防御システム - 日本IBM

日本IBMは、中小企業向けに不正侵入を防御するセキュリティソリューション「IBM X-Force Office Guard Pack Express」を発表した。

同ソリューションは、不正侵入を防御するIPSのレンタルと、同社のセキュリティ専門スタッフによる24時間の遠隔サポートを組み合わせたもの。機器の運用や管理は同社が遠隔地から行うため、情報システム管理の専門スタッフを配置しなくても利用できる。

また、世界7カ所に拠点を持つ同社監視センター「セキュリティー・オペレーション・センター」を活用し、世界中で発生しているウェブサイトへの攻撃に関する情報収集や動向の分析を実施。収集した最新情報をもとに必要に応じて対策を講じるという。

(Security NEXT - 2008/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
ネットワークや製品向けにペネトレーションテストサービス - Flatt Security
複数OSで利用環境分離する「Hysolate」 - アズジェント
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
ドローンを妨害電波で不時着させるソリューション - カスペ
制御システムへの攻撃監視からインシデント対応まで支援 - 日立
クラウドのセキュリティ状況を可視化するソリューション - チェック・ポイント
サプライチェーンリスク診断など8サービスをリリース - ソリトン