Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Share」利用者逮捕も、ノード数に大きな変化見られず - ネットエージェント調べ

5月9日に著作権法違反容疑で、ファイル共有ソフト「Share」の利用者が逮捕されたが、事件後も同ソフトの利用者数に大きな影響が出ていないことが、ネットエージェントの調べでわかった。

同社が独自システムを利用し、5月7日から12日までにShareのノード数を調査したもの。同社ではゴールデンウィークのノード数について調査を実施し、平均約17万ノードが観測されたことを先日発表しているが、事件報道直後の週末となる10日、11日についても、17万ノードが観測されており、大きな変化は見られなかったという。

今回の事件では、匿名性が高いとされるShareのネットワークにおいて、著作物を違法にアップロードしたユーザーが特定され、逮捕されたものの、ダウンロードを目的のユーザーは逮捕されていないことから、同社では、ノード数に直接大きな変化が現れなかったと分析している。

(Security NEXT - 2008/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
委託先が名簿を不正にクラウド共有、メール誤送信で発覚 - 厚労省
「Citrix ShareFile」で暗号化状態の確認を - 脆弱性緩和ツールで無効化される問題が判明
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
MS、月例セキュリティ更新をリリース - 脆弱性58件に対処
Xeroxの「DocuShare」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス