Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows Server 2008対応のアンチウイルス製品最新版 - エフ・セキュア

日本エフ・セキュアは、Windowsサーバ向けのウイルス対策製品最新版「F-Secureアンチウィルス Windowsサーバ版 Ver8.00」を発売した。

同製品は、Windowsサーバにおけるウイルスやスパイウェア、ルートキット対策をはじめ、集中管理を実現するセキュリティ対策ソリューション。最新版では、対応OSにWindows Server 2008が加わった。

また、新たにスキャンエンジン「FS-engine」を搭載しており、リムーバブルデバイスのスキャン速度が向上したほか、スパイウェア削除の高速化を実現。さらにメモリ使用量の削減やスキャンレポートの強化など機能を強化した。

(Security NEXT - 2008/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃やセキュリティ対策の体験施設 - 日本情報通信
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
ウェブアプリやクラウドの診断サービスを開始 - アシュアード
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
ブロックチェーンの脆弱性診断サービスを提供 - ProVision
20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス
XDRのマネージドサービスが日本語対応 - ソフォス
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
不正端末利用を防ぐ「eSIM」を開発 - NTTコムとトレンド