Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows Server 2008対応のアンチウイルス製品最新版 - エフ・セキュア

日本エフ・セキュアは、Windowsサーバ向けのウイルス対策製品最新版「F-Secureアンチウィルス Windowsサーバ版 Ver8.00」を発売した。

同製品は、Windowsサーバにおけるウイルスやスパイウェア、ルートキット対策をはじめ、集中管理を実現するセキュリティ対策ソリューション。最新版では、対応OSにWindows Server 2008が加わった。

また、新たにスキャンエンジン「FS-engine」を搭載しており、リムーバブルデバイスのスキャン速度が向上したほか、スパイウェア削除の高速化を実現。さらにメモリ使用量の削減やスキャンレポートの強化など機能を強化した。

(Security NEXT - 2008/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
Linuxサーバの脆弱性可視化サービス - サイバートラスト
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI
管理が不十分なサーバやネットワーク機器を洗い出すサービス - マクニカネット
攻撃者に狙われる「非公開ファイル」のチェック機能 - ビットフォレスト
認証サーバ内に個人情報を保存しない顔認証ソリューションが機能強化