Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフト、国内向けにWindows Vista SP1の自動配信を開始

マイクロソフトは、Windows Vista Service Pack 1の自動配信機能による配布を、5月9日より段階的に開始する。

同プログラムは、Windows Vista発売後に提供された約570の更新プログラムが含まれるほか、アプリケーション互換性やデバイスドライバの強化などが行われている。適用することで、Vista搭載パソコンにおけるファイルのコピーや圧縮速度、無線LAN接続の安定性などが向上するとしている。

配信の対象は、日本に割り当てられた範囲にあるIPアドレスを持つWindows Vista。それ以外のIPアドレスに対する自動配信は、すでに4月24日より段階的に開始されている。また自動配信の開始に伴い、同サービスパックの概要やインストール手順などを解説した専用サイトを開設した。

(Security NEXT - 2008/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」をリリース - 脆弱性22件を修正
CMSの「Drupal」に5件の脆弱性 - アップデートがリリース
SAP、複数の深刻な脆弱性を修正するアップデート - CVSS値が最高値の脆弱性も
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
Adobe、「ColdFusion」「AEM」など16製品にセキュリティ更新
Google、「Chrome 93.0.4577.82」を公開 - ゼロデイ脆弱性2件などを解消
MS、月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ含む脆弱性60件に対応
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 「クリティカル」含む脆弱性26件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース