Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフト、国内向けにWindows Vista SP1の自動配信を開始

マイクロソフトは、Windows Vista Service Pack 1の自動配信機能による配布を、5月9日より段階的に開始する。

同プログラムは、Windows Vista発売後に提供された約570の更新プログラムが含まれるほか、アプリケーション互換性やデバイスドライバの強化などが行われている。適用することで、Vista搭載パソコンにおけるファイルのコピーや圧縮速度、無線LAN接続の安定性などが向上するとしている。

配信の対象は、日本に割り当てられた範囲にあるIPアドレスを持つWindows Vista。それ以外のIPアドレスに対する自動配信は、すでに4月24日より段階的に開始されている。また自動配信の開始に伴い、同サービスパックの概要やインストール手順などを解説した専用サイトを開設した。

(Security NEXT - 2008/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性