Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

病名など患者情報を含むフロッピーが所在不明 - 横浜市立脳血管医療センター

横浜市立脳血管医療センターにおいて、患者の個人情報を記録したフロッピーディスクが、所在不明となっている。

紛失したのは、作業療法部門における外来患者の台帳データを記録したフロッピーディスク。同センターでは、台帳作成は毎月1度月末に行っており、今回紛失したのは2005年5月から2008年2月までに作成した台帳。患者の氏名やID、性別、生年月日、連絡先のほか、病名や障害名、通院頻度など患者情報137件が記録されていた。

2月末に作業した際、キャビネットに保管したが、3月31日に担当者が作業を行おうとした際、なくなっていることに気が付いたという。同センターではフロッピーによるデータの保存を廃止し、2008年1月に導入した電子カルテシステムによるデータ管理へ移行する。

(Security NEXT - 2008/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コロナ発生届が強風で窓から屋外に飛散 - 船橋市保健所
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
コロナ患者情報を誤送信、転用した過去メールの宛先に - 西宮市保健所
看護師が業務書類を無断持出、荷物緩衝材に利用 - 東邦大関連病院
職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
患者情報含む医師個人のクラウドアカウントが乗っ取り被害 - 岡大病院
子会社で患者リストをファイルケースごと紛失 - フクダ電子
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
新型コロナ関連の「就業制限」や「消毒」通知書を誤送付
個人情報含む書類が風で飛散、一部未回収の可能性 - 済生会富山病院