Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジャックス、顧客情報未開示が3630件 - マイクロフィルム2万枚見つかる

ジャックスは、一部顧客に対し、融資に関する取引履歴の一部が未開示となっていたと発表した。顧客3630人について、再計算が必要となる可能性があるという。

今回明らかになった問題は、2005年7月20日以降に開示請求を行った一部顧客に対し、同社が取引履歴の一部を未開示としていたもので、過払い利息の返還もれが発生している可能性がある。

従来同社では「1995年3月以前の貸金取引履歴の保存はない」と説明していたが、社内調査を実施したところ、予備用のマイクロフィルム2万4706枚が社内や業務委託先から発見された。

2007年1月に外業務委託先より存在している連絡を受けていたが、同年12月まで認識不足などにより対応が行われていなかったという。

同社では関連する顧客へ事情を説明した上で謝罪、取引履歴を開示した上で過払い利息を返還するとしている。

ジャックス
http://www.jaccs.co.jp/

(Security NEXT - 2008/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

元従業員の働きかけに応じて従業員が顧客情報を漏洩 - 野村證券
プロ責法の開示対象となる発信者情報に電話番号を追加
ネット接続機器の脆弱性対処法は? - 開発者や消費者向けにガイドブック
最大11.7万件の登録者情報が流出か - グルメアプリ
公開ファイルのプロパティ情報に個人情報、約400件が判明 - 新潟県
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
開示資料の墨塗り部分に個人情報、強い光で判読可能に - 和歌山市
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
成績含む資料を学生に開示、匿名メールで指摘 - 名古屋市大
2019年下半期の捜査機関開示要請は1684件、78%に対応 - LINE