Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

USBメモリなど外部メディアを介して感染するウイルスが激増 - マカフィー調査

マカフィーは、2月に同社データセンターが検知したウイルスや不審なプログラムの状況をまとめた。USBメモリなど外部メディア経由で感染を広げる「Generic!atr」が、検知マシン数および企業数でトップになった。

同レポートによると、ウイルスの検知マシン数および企業数において、ランキングの半数以上をトロイの木馬が占める状況が依然として続いている。今月トップにランクインした「Generic!atr」は、USBメモリなど外部接続メディアを介して感染を広げるワーム「W32/Autorun.worm」が使用する設定ファイル「autorun.inf」で、検知ファイル数でも5位を占めるなど、前月から大幅な増加を見せている。

また、オンラインゲームのパスワードを盗む「PWS-OnlineGames.a」をはじめ、古い脆弱性を悪用して感染させるウイルスが依然まん延している。

不審なプログラムでは、3位と4位が逆転しただけで、トップ10の内容には変化がなかった。その中でも、「Exploit-MIME.gen.c」に代表されるように、脆弱性をねらった攻撃が増加しているとして注意を呼びかけている。

同社が発表した検知マシン数のトップ10は以下のとおり。

ウイルス

1位:Generic!atr
2位:Generic.dx
3位:Generic Downloader.bk
4位:PWS-LegMir.gen.k.dll
5位:VBS/Psyme
6位:PWS-OnlineGames.a
7位:VAnti.sys
8位:X97M/Laroux.a.gen
9位:Exploit-MS06-014
10位:JS/Exploit-BO.gen

不審なプログラム

1位:Generic PUP.g
2位:Exploit-MIME.gen.c
3位:Adware-GAIN
4位:Winfixer
5位:Generic PUP.e
6位:Adware-Baidu
7位:RemAdm-TightVNC
8位:Adware-RewardNet
9位:Adware-SaveNow
10位:Adware-GAIN.lnk

(Security NEXT - 2008/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4割強「コロナ禍でネットのトラブル増えた」
スイーツ通販サイトに不正アクセス、ゼロデイ脆弱性の発見から被害に気づく
ウェブサーバに脆弱性を突く不正アクセス - ロイヤルホームセンター
事件関係者の提出文書を紛失、審査に影響なし - 公取委
委託元に無関係の顧客情報を誤送信、非表示状態でファイル内に - 三菱UFJニコス
「Zoho ManageEngine ServiceDesk Plus」にあらたな脆弱性が判明
Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響
研究成果公表サイトが改ざん、サイトを停止 - 愛媛大
元従業員が顧客リストの窃盗容疑で逮捕 - 大和証券
データ流出の可能性が判明、1年以上前から不審通信 - 沖電気