Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「毎日見ているサイトでウイルス発見」 - サイト改ざんにIPAが警告

情報処理推進機構によると、「毎日見ているサイトで突然ウイルスが発見された」といった相談が増えているという。

こうした相談増加には、脆弱性を攻撃されたことによりウェブサイトが改ざんされ、ウイルスの感染ルートとなってしまっている背景がある。

こうした状況において、利用者側では、OSやアプリケーションなど最新にしておくことや、ウイルス対策ソフトを最新の状態にしておくなど、防衛策はあるものの、ウェブサイトの脆弱性を確認することは困難であるとして、同機構ではウェブサイトの運営者に対して対策を呼びかけている。

具体的には、サーバのOSやアプリケーションの脆弱性解消や改ざんの検知、不正侵入対策などで、いずれも 「必須項目」として挙げている。また、同機構では、2007年9月より「安全なウェブサイトの作り方 改訂第2版」を配布しており、ウェブサイトから手に入れることが可能。

さらに同機構では、こうした正規サイトの改ざん被害とは異なるが、検索サイトの上位に不正サイトが表示される「SEOポイズニング」が発生していることも指摘。検索サイトの上位が必ずしも安全ではないとして警告を発している。

(Security NEXT - 2008/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答