Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パターンファイル未適用も警告する監視サービス - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、同社センターにおいて24時間体制で企業内のウイルス感染状況や対策状況を監視する新サービス「Expert on Guard」を、3月1日より提供開始する。

同サービスは、国内専門のウイルス解析、サポートセンター「リージョナルトレンドラボ」内に設置された監視センターから企業内のウイルス対策状況やウイルス感染状況を監視するもの。

感染発生時に限らず、最新のパターンファイルが適用されていない端末数が基準値を超えた場合なども通知する。また、感染が確認されたウイルスへの対応方法を提供することで、感染拡大を防止する。

監視結果は、月次レポートと四半期ごとにレポートで報告。レポートではセキュリティレベルの向上に必要な対策をアドバイスするなど、感染被害の予防に向けた対策もサポートする。またPremium版では、感染被害が発生した場合、顧客からの依頼を待たず駆除ツールを提供するなど対応する。

参考価格は、Standard版が291万9000円。Premium版は618万4500円。いずれも1000から1499アカウント申し込んだ際の1年間の利用料金。

(Security NEXT - 2008/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
日産証券のオンライン取引システムで障害 - ランサム感染か
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性
個情委、LINEへ委託先監督義務で行政指導 - 外国第三者提供については指導なし
総務省、LINEに行政指導 - 安全管理や利用者への説明不十分
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多