Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

センドメールら、誤送信の防止など実現するメールセキュリティアプライアンスを提供

センドメールとクラスキャットは、セキュリティ機能を搭載したメールアプライアンス「ウィルス/スパム対策インターネットサーバアプライアンス Version5」を、ダイワボウ情報システムを通じて2月18日より発売する。

同製品は、日本IBMのx86サーバ「IBM System x 3550/3650 Express Advantage対応モデル」に3種のソフトウェアを搭載したメールアプライアンス製品。センドメールのスパム対策フィルタ「Sendmail Anti-Spam」やメールセキュリティ管理製品「Mailstream Manager」により、ウイルス、スパム対策、情報漏洩防止、誤送信防止、メールポリシーの設定などが統合的に管理できる。

またクラスキャットのサーバ管理ツール「ClassCat Cute Server Manager Enterprise Edition 5.0」により、SMTP認証やサブミッションポート、SSL接続などを含むサーバ機能が管理可能。OSに「Red Hat Enterprise Linux 5.1」を搭載したことで、Xen仮想化機能を利用したシステム構築も可能になった。

(Security NEXT - 2008/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
「ドコモ口座」の一部利用者に対して本人確認実施 - NTTドコモ
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大
新潟県で偽国勢調査員による「かたり調査」が発生
交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か