Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

センドメールら、誤送信の防止など実現するメールセキュリティアプライアンスを提供

センドメールとクラスキャットは、セキュリティ機能を搭載したメールアプライアンス「ウィルス/スパム対策インターネットサーバアプライアンス Version5」を、ダイワボウ情報システムを通じて2月18日より発売する。

同製品は、日本IBMのx86サーバ「IBM System x 3550/3650 Express Advantage対応モデル」に3種のソフトウェアを搭載したメールアプライアンス製品。センドメールのスパム対策フィルタ「Sendmail Anti-Spam」やメールセキュリティ管理製品「Mailstream Manager」により、ウイルス、スパム対策、情報漏洩防止、誤送信防止、メールポリシーの設定などが統合的に管理できる。

またクラスキャットのサーバ管理ツール「ClassCat Cute Server Manager Enterprise Edition 5.0」により、SMTP認証やサブミッションポート、SSL接続などを含むサーバ機能が管理可能。OSに「Red Hat Enterprise Linux 5.1」を搭載したことで、Xen仮想化機能を利用したシステム構築も可能になった。

(Security NEXT - 2008/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

羽生結弦カレンダー販売サイトへの不正アクセス、調査結果を公表
「Salesforce」で約5時間にわたり障害 - 原因は緊急修正の実施
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
「OCカード」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定
配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE
「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開