Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフト、各国で海賊版事業者に法的措置 - 日本国内でも刑事告発

米Microsoftは、同社ソフトを不正に偽造し、販売していた業者を相手取り、52件の民事訴訟を提起し、刑事告発を22件行った。日本国内でも2件が告発されている。

同社では、著作権侵害行為に対抗するための取り組みを、2006年から継続して実施しており、今回その一環として行われたもの。「Windows Genuine Advantage」により海賊版を利用していることに気が付いた消費者の報告により犯人が特定できたという。

同社は、正規のソフトに似せて作られた偽造ソフトの中には、スパイウェアやウイルスなど有害なコードが組み込まれているものがあり、気付かぬ間に個人情報が盗まれるなど被害に遭う可能性があるとして、こうした海賊版対策を同社では消費者の保護活動として位置づけている。

海賊版が流通する現状を受けて同社では、オンライン市場に出回っている偽造ソフトを紹介し、誤って購入しないためのユーザー向けガイドをあらたにリリースするとしている。

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
「BIGLOBE」に見せかけ、請求メールに見せかけたフィッシング攻撃
受託事業者がメール誤送信、児童支援事業登録者のメアド流出 - 大阪府
支店で本人確認書類が所在不明に - 北海道労金
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
コロナ発生届を誤送信、FAX番号登録ミスで - 菊川市立総合病院
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料