Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客のカード情報がネット上で閲覧可能に - 投資情報サービス会社

投資情報サービスを展開するグローバルリンクアドバイザーズは、2007年9月25日から同年11月13日にかけて顧客情報を誤ってインターネット上で公開したと発表した。外部からのアクセスも確認されている。

外部から閲覧が可能だったのは、同社サービスに2007年7月8日までに入会し、カードを利用した顧客のクレジットカード情報。氏名、カード番号、有効期限が含まれる。原因は、システム入替え時の作業ミスで、テストサーバ上で入替え作業を実施したが、データを削除せず、ネット上で不特定多数が閲覧できる状態だったという。

データに対して17件のアクセスが確認されており、最大2537件分が流出したとみられている。同社では、すでに問題のデータを削除しており、関連するクレジットカード会社に対策を依頼した。さらに関連する顧客に対してもメールで連絡し、事実説明を行っている。

(Security NEXT - 2007/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ
出光クレジットの会員サイトで情報流出の可能性 - 外部サービスが改ざん
「Google翻訳」悪用したフィッシングが横行 - 誘導先を正規ドメインに偽装
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
サーバがランサム被害、情報流出の有無は判断つかず - 住和港運
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正