Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Kaspersky 6.0」で定義ファイルを更新できない障害 - 原因は不明

ジャストシステムは、セキュリティ対策ソフト「Kaspersky Internet Security 6.0」「Anti-Virus 6.0」において、一時定義ファイルを更新できない障害が発生していたことを明らかにした。

11月14日8時過ぎから21時過ぎまで定義ファイルを更新できなかったもので、2007年3月22日以前に購入し、「Kaspersky Internet Security 6.0.0.306」および「Kaspersky Anti-Virus 6.0.0.306」を利用していた場合、障害の影響を受けた。

障害の原因はわかっておらず、同社では調査を進めている。同社では、今後も問題解決のためにメンテナンスを実施する予定で、再び更新できない状況が発生する可能性があるという。

同社では、9月11日よりバージョン6のユーザーを対象に、最新版となるバージョン7の無償提供を開始しており、トラブルが発生していない同バージョンへアップデートするよう呼びかけている。

カスペルスキー情報サイト
http://www.just-kaspersky.jp/

(Security NEXT - 2007/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
政府、「次期サイバーセキュリティ戦略」のパブコメ実施
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開