Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Kaspersky 6.0」で定義ファイルを更新できない障害 - 原因は不明

ジャストシステムは、セキュリティ対策ソフト「Kaspersky Internet Security 6.0」「Anti-Virus 6.0」において、一時定義ファイルを更新できない障害が発生していたことを明らかにした。

11月14日8時過ぎから21時過ぎまで定義ファイルを更新できなかったもので、2007年3月22日以前に購入し、「Kaspersky Internet Security 6.0.0.306」および「Kaspersky Anti-Virus 6.0.0.306」を利用していた場合、障害の影響を受けた。

障害の原因はわかっておらず、同社では調査を進めている。同社では、今後も問題解決のためにメンテナンスを実施する予定で、再び更新できない状況が発生する可能性があるという。

同社では、9月11日よりバージョン6のユーザーを対象に、最新版となるバージョン7の無償提供を開始しており、トラブルが発生していない同バージョンへアップデートするよう呼びかけている。

カスペルスキー情報サイト
http://www.just-kaspersky.jp/

(Security NEXT - 2007/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
顧客向けメールで送信ミス、メアド流出 - フィンテック事業者
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状
「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
「あなたもドコモ口座で被害」 - 警察装う詐欺電話に警戒を
「ドコモ口座」通じた不正出金、あらたに5件を確認
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏