Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ISEPAの活動内容が明らかに - 「人材育成マップ」作成や相互認証目指す

情報セキュリティ教育事業者連絡会(ISEPA)は、今後の活動内容などを発表した。

同会は、情報セキュリティの人材育成を目的に、民間企業や関連団体など10団体が中心となり発足した連絡会。事務局は、日本ネットワークセキュリティ協会内に設置される。

同会では、活動内容が異なるワーキンググループ「イベントWG」「スキルWG」「相互認証WG」を設置。「イベントWG」では、年間3回から4回のイベントを実施するほか、成果発表を行うワーキングショップの開催、ウェブや出版などの広報活動を進める。

「スキルWG」では、各団体の資格試験の内容を体系的に整理。セキュリティ人材の分析、定義づけなど行い、2008年2月を目途に「人材育成マップ」を作成し、情報セキュリティのキャリアパスを示す計画だ。

一方、「相互認証WG」では、大学や教育機関における教育プログラムの互換性の実現を目指しており、教育プログラムや資格や資格取得要件、相互認証などのリストを作成する。教育コンテンツの開発や認定を行うほか、不足する講師の共有や教育機関の連携など進める。

(Security NEXT - 2007/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windowsドメインを乗っ取る「PetitPotam攻撃」 - PoCが公開済み
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
政府、「次期サイバーセキュリティ戦略」のパブコメ実施
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ