Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ISEPAの活動内容が明らかに - 「人材育成マップ」作成や相互認証目指す

情報セキュリティ教育事業者連絡会(ISEPA)は、今後の活動内容などを発表した。

同会は、情報セキュリティの人材育成を目的に、民間企業や関連団体など10団体が中心となり発足した連絡会。事務局は、日本ネットワークセキュリティ協会内に設置される。

同会では、活動内容が異なるワーキンググループ「イベントWG」「スキルWG」「相互認証WG」を設置。「イベントWG」では、年間3回から4回のイベントを実施するほか、成果発表を行うワーキングショップの開催、ウェブや出版などの広報活動を進める。

「スキルWG」では、各団体の資格試験の内容を体系的に整理。セキュリティ人材の分析、定義づけなど行い、2008年2月を目途に「人材育成マップ」を作成し、情報セキュリティのキャリアパスを示す計画だ。

一方、「相互認証WG」では、大学や教育機関における教育プログラムの互換性の実現を目指しており、教育プログラムや資格や資格取得要件、相互認証などのリストを作成する。教育コンテンツの開発や認定を行うほか、不足する講師の共有や教育機関の連携など進める。

(Security NEXT - 2007/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
顧客向けメールで送信ミス、メアド流出 - フィンテック事業者
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状
「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
「あなたもドコモ口座で被害」 - 警察装う詐欺電話に警戒を
「ドコモ口座」通じた不正出金、あらたに5件を確認
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏