Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ対策ソフト購入でトラブル - 国民生活センターが注意呼びかけ

国民生活センターは、セキュリティ対策ソフトの購入に関するトラブルの相談が寄せられているとして注意を呼びかけている。

同センターによると、セキュリティ対策ソフトを購入した際に発売元に連絡しても電話がつながらないといったケースや、ソフトとの相性からパソコンが動作不良になったといった相談が寄せられているという。

また、ウイルスが感染していないにもかかわらず、感染警告を表示し、購入を迫る「偽セキュリティソフト」を誤って購入し、クレジットカード番号を詐取された事例もあった。

同センターでは、ソフトを導入する前に自分のパソコン環境における対応状況や相談窓口の連絡先を確認したり、問い合わせ電話が有料ダイアルかフリーダイヤルであるか確認するよう勧めている。またインターネット上の契約で確認画面などない場合は、消費生活センターへ相談するよう呼びかけている。

また、不安をあおり購入を迫るような広告が出てもあわてず、ウインドウを閉じるよう進めており、ウイルス感染などの可能性もあることから不安がある場合は、情報処理推進機構のコンピューターウイルス110番などに相談するよう呼びかけている。

国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/

(Security NEXT - 2007/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

早急に「WebLogic Server」脆弱性の修正を - パッチ公開より1週間強で攻撃発生
個人情報含む会員カード申込書を紛失 - ジョイフーズ
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
メール誤送信で職員採用試験応募者のメアド流出 - 愛媛県動物園協会
愛読者クラブの会員情報が流出の可能性 - 上毛新聞
2020年2Qのフィッシング攻撃は35%減、国内ホストは32件 - RSA調査
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
MS、脆弱性「Zerologon」について再度注意喚起 - まずはパッチ適用を、対処FAQも更新
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」