Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本HPが年額制のデータ復旧サービスを開始 - 「HP Total Care」第1弾

日本ヒューレット・パッカードは、パソコンのライフサイクル全体をサポートするサービス「HP Total Care」を開始した。第1弾として、故障したハードディスクのデータ復旧を行う「データリカバリサービス」と、故障して交換したHDDを顧客へ返還する「HDD返却不要サービス」を提供する。

HP Total Careは、工場生産時、配送時、ユーザー使用時、製品廃棄時などのパソコンライフサイクル全体をサポートするサービス。オンサイト、または引き取り修理の保証期間内の同社製品が対象となる。

「データリカバリサービス」では、故障してデータが読み出せなくなったHDDから、必要なデータを復旧する。契約形態は、個別見積りではなく、年間契約し期間中は何度でも利用できる。利用料は、1年契約で1万1550円。3年契約で1万6800円。

「HDD返却不要サービス」は、故障により交換したHDDをメーカーに返却せず、そのまま顧客へ引き渡すサービス。通常、故障により取り外されたHDDはメーカーが所有するが、情報漏洩対策として自社での管理、廃棄を希望するユーザーへ対応する。利用料金は、3年契約で4725円から。

(Security NEXT - 2007/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消