Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

韓国でアドウェア「CashOn」が大量発生 - フォーティネット調査

フォーティネットジャパンは、2007年9月に同社が検知したマルウェアの状況を発表した。韓国においてアドウェア「CashOn」が大量に発生しているという。

同社のセキュリティアプライアンス「FortiGate」で検知したデータをまとめたもの。同社によれば、夏休みが終わり、子どもの利用が減ったことから、マルウェア全体の活動が7.8%減少。しかし一方で、韓国をターゲットにしたアドウェア「CashOn」の感染活動が活発化している。

「CashOn」は、ツールバー型のアドウェアで、ウェブサイトへ誘引する目的で配布されているもの。7月から急増しており、8月と比較しても2倍近い増加を記録した。9月は全体の約13.8%を占めて同社ランキングのトップとなっている。

配布の規模やアフィリエイトの状況から、同社では新興企業によるものではなく、大規模な組織が関係している分析。また「Obscured!Exploit」についても前月から約1割増加するなど目立った動きがあったことを伝えている。

同社が発表した9月のランキングは以下の通り。

1位:Adware/CashOn
2位:W32/Netsky.P@mm
3位:HTML/Iframe_CID!exploit
4位:W32/ANI07.A!exploit
5位:HTML/Obscured!exploit
6位:W32/Dialer.PZ!tr
7位:W32/Grew.A!worm
8位:W32/Bagle.DY@mm
9位:W32/Virut.fam
10位:W32/Dloader.K!tr

フォーティネットジャパン
http://www.fortinet.co.jp/

(Security NEXT - 2007/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

早急に「WebLogic Server」脆弱性の修正を - パッチ公開より1週間強で攻撃発生
個人情報含む会員カード申込書を紛失 - ジョイフーズ
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
メール誤送信で職員採用試験応募者のメアド流出 - 愛媛県動物園協会
愛読者クラブの会員情報が流出の可能性 - 上毛新聞
2020年2Qのフィッシング攻撃は35%減、国内ホストは32件 - RSA調査
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
MS、脆弱性「Zerologon」について再度注意喚起 - まずはパッチ適用を、対処FAQも更新
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」