Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

暴露ウイルス「ANTINNY」が6位に - トレンドマイクロのウイルスランキング

トレンドマイクロは、9月に国内のサポートセンターへ寄せられたウイルス被害報告をまとめた。

同社によれば、9月のウイルス感染被害総報告数は4765件で、5カ月ぶりの増加を見せた8月の5183件からふたたび減少に転じた。ランキング上位は「BKDR_HACDEF」「BKDR_AGENT」といずれもバックドアだった。

同社によれば、バックドアなどの情報詐取と並んで大量の迷惑メール配信が目立っており、メール本文内のリンクで不正サイトに誘導し、不正プログラムをダウンロードさせるタイプの脅威が多いという。ランク外だが、ワーム「WORM_NUWAR」や亜種など広くまん延しているという。

またスパムメールには、不正プログラムの感染を目的とせず、株価操作を目的としたものも出回っており、スパムフィルタを回避するためPDFやOffice文書ファイルを添付する手口が増加していると同社では指摘している。

さらに2007年はずっと圏外だった「WORM_ANTINNY」が、今回の発表で6位に登場した。Winnyなどファイル交換ソフトにより感染拡大し、亜種の多くが情報漏洩の原因となることから「暴露ウイルス」と悪名高いウイルスだけに、今後の動きが注目される。

同社が発表したウイルストップ10は以下のとおり。

1位:BKDR_HACDEF
2位:BKDR_AGENT
3位:TROJ_VB
4位:TSPY_MARAN
5位:TSPY_QQROB
6位:WORM_ANTINNY
7位:TROJ_NSPM
8位:TROJ_METAJUAN.A
9位:TROJ_ZLOB
10位:EXPL_ANICMOO

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2007/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
個人情報含む国勢調査関係書類を紛失 - 堺市
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
協力会社で「Emotet」感染か、なりすましメール出回る - 大多喜ガス
不正アクセスで不正出金、アカウント情報の流出は否定 - GMOクリック証券
外部から不正侵入の痕跡、詳細は調査中 - 原子力規制委員会
監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省