Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、「セキュア・プログラミング講座 C/C++言語編」を公開

IPAは、プログラム開発時における脆弱性対策などをまとめた「セキュア・プログラミング講座 C/C++言語編」を公開した。

同機構では、従来より提供していた「セキュア・プログラミング講座」の改訂を実施し、7月より「Webアプリケーション編」の公開を開始。今回は、当初より追加が予定されていた「C/C++ 言語編」が公開となったもの。

同機構では、C言語およびC++言語について、移植性が高いなどメリットがある一方で、安全ロジックの実装をプログラマーに求められており、不用意に用いると脆弱性を生みやすいと指摘。開発時に考慮すべき注意事項をわかりやすく説明している。

コンテンツでは、サービス不能や情報漏洩対策など、配慮すべき対策ごとにカテゴリーを用意する一方で、要件定義、設計、実装など、どの開発の工程で考慮すべき対策であるか理解できるようになっている。さらにバッファオーバーフローをはじめとする著名な脆弱性についても解説した。

セキュア・プログラミング講座
http://www.ipa.go.jp/security/awareness/vendor/programmingv2/

情報処理推進機構
http://www.ipa.go.jp/

(Security NEXT - 2007/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
建築家向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性