Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

YouTubeなどで誘い込むスパムが深刻な状況に - ソフォス

ソフォスは、同社モニターチームによる8月のウイルスの報告数をまとめ、公表した。

ウイルスが添付されたメールは大きく減少し、2007年上半期が322通に1通だったが、8月に入り1000通に1件と約3分の1となった。またウイルスに感染したウェブは、6月には1日あたり平均6000件が見つかっていたが、1日平均約5000件に減少している。

しかしながら、不正なウェブへ誘引するスパムは依然多く、YouTubeやヌード写真、ミュージックビデオなどと偽り、アクセスさせようとするものが目立ったという。また株の不正操作を目的として風説を流布するスパムも出回った。

ウェブ経由で感染するウイルスは、先月同様「Iframe」「ObfJS」が上位を占めた。3位の「Decdec」は、7月の3.5%から14.0%に大きく増加した。メールで流通したウイルスについては、1日あたり4件の亜種が発生したトロイの木馬「Pushdo」があらたにトップ10中、4位に食い込んだ。

そのほか、同社がまとめたトップ10は以下のとおり。

ウェブウイルストップ10

1位:Iframe
2位:ObfJS
3位:Decdec
4位:Fujif
5位:EncPk
6位:Psyme
7位:Packer
8位:Pintadd
9位:Redlof
10位:Behav

メールウイルストップ10

1位:Netsky
2位:Zafi
3位:Mytob
4位:Pushdo
5位:Dloadr
6位:MyDoom
7位:Dropper
8位:Bagle
9位:Sality
10位:Traxg

ソフォス
http://www.sophos.co.jp/

(Security NEXT - 2007/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

商品の入荷を通知するメールで誤送信 - 化粧品メーカー
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
展示会の案内でメアド流出 - 中部経済新聞社
偽「Amazon」からのSMSに警戒を - 不安煽るさまざまな文面
新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市
公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
建築関係者向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査