Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブセンス、Web2.0のセキュリティ脅威を早期検出する新技術を開発

ウェブセンス・ジャパンは、SNSやブログ、ウィキなどWeb2.0アプリケーション内で発生する脅威を早期に検出する新技術「HoneyJax」を開発し、「Websense Web Security Suite」に搭載した。

同技術は、攻撃者や悪質なコードをおびき寄せるよう設計されており、Web2.0アプリケーション内でユーザーの行動を模倣することで脅威を早期に検出して拡散を防ぐ。同社研究機関であるWebsense Security Labsが開発した。

同技術はWebsense ThreatSeekerテクノロジの一部として、「Websense Web Security Suite」に標準搭載されている。脅威を検出すると、サイト内の改ざんされたプロファイル、および悪質なコードを実行するサイトへのアクセスから自動的に保護される。

(Security NEXT - 2007/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省
不正アクセスでデータ消去されるも情報流出の痕跡見つからず - 阪大
学内宿泊施設予約システムに不正アクセス、利用者情報が流出か - 阪大
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
秘密計算技術で研究会、安全性基準など検討 - NECら