Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員のWinny利用で行政情報がネット流出 - 大田市

島根県大田市において、市職員が行政情報を自宅へ持ち帰り、インターネットへ流出させていたことがわかった。

インストールしていたファイル交換ソフト「Winny」を通じて行政情報がインターネット上に流出したもので、個人情報104件や企業情報35件が流出した。また個人的に保存していた情報なども含まれていたという。

同市ではデータの持ち出しを禁止しており、行政の信頼を損なったとして問題の職員を減給10分の1、6カ月とする懲戒処分を行った。

大田市
http://www.iwamigin.jp/ohda/

(Security NEXT - 2007/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Movable Type」にXSSの脆弱性 - アップデートが公開
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
PCや受験関係書類が研究室から盗難 - 東京藝大
応急手当普及員宛メールで送信ミス - 成田市消防本部
Instagramにハワイ州観光局の偽アカウント - フィッシングDMを送信
「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県