Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロのウイルスハンタープロジェクト、1年間で2431種の新規ウイルスに対応

トレンドマイクロは、一般ユーザーからウイルス検体を募集する「ウイルスハンタープロジェクト」において、1年間で2431種の新規ウイルスに対応した。

同プロジェクトは、一般ユーザーからウイルスの疑いがある不審なファイルの提出を受け付けるもの。第2回目となる今回は2006年6月1日から2007年5月31日まで実施され、9人の検体提供者により2431種の新規ウイルスについて報告を受け、対応した。

おもな内容は、ウェブ経由でダウンロードされるトロイの木馬、バックドア、ワーム、スパイウェア、ファイル感染型ウイルス、Winny関連、ワンクリックウェアなど。

同社によれば、ウェブ経由で感染し、不正サイトへ誘導してプログラムをダウンロードさせるケースが増えていることから、不正プログラムを配布するサイトのURLに関する報告も多かったという。同社では、URLフィルタなど不正サイトへのアクセスをブロックする対策へ情報を活用している。

(Security NEXT - 2007/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便