Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「南紀熊野21協議会」のイベント参加者名簿がWinny上へ流出

和歌山県の南紀熊野地域16市町村が参加し、地域活性のために活動していた「南紀熊野21協議会」が扱った個人情報がファイル交換ソフト「Winny」によりインターネット上へ流出したことがわかった。

当時同組織が実施したイベントにおける約670人分の参加者情報がインターネット上へ流出したもので、氏名や住所などが含まれていた。

同組織は2003年に解散しており、すでに活動は行われていないが、当時同組織に出向していた新宮市の職員が私用パソコンにデータを保存していたことから、ウイルス感染によりインストールされていたWinnyを経由して外部へ流出したという。

(Security NEXT - 2007/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

共同利用対象外の個人情報をグループDBに誤送信 - JFRカード
中学校教諭が車上荒らし被害、個人情報が盗難 - 習志野市
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
10月は9月同様の大規模DDoS攻撃は観測されず - IIJ調査
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
修学旅行のテーマパーク内で県立高の生徒情報を紛失 - 埼玉県
市主催イベントの申込者宛メールで誤送信 - 三原市
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」