Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、5月の更新プログラム7件を公開 - 深刻度はすべて「緊急」

マイクロソフトは、5月のセキュリティ更新プログラムを公開した。7件すべてが深刻度「緊急」となっている。また「悪意あるソフトウェアの削除ツール」も更新された。

今回公開された7件のうち、2件がWindowsに関する脆弱性で、WindowsのDNSにおけるRPCインターフェイスの脆弱性やIEの問題を解決するもの。

またWordをはじめとするOfficeに関するものが3件、Exchangeに関するものが1件、CAPICOMに関するものが1件となっている。Wordの脆弱性については、2月にアドバイザリが公開され、3月に更新プログラムをリリースを予定していたが、品質確保に時間がかかり今月にずれ込んだ。

いずれも、不正プログラムが埋め込まれたサイトを閲覧したり、メールに添付された不正な文書を開くと攻撃を受け、リモートでコードが実行されるおそれがある。深刻度はすべて「緊急」。

同社セキュリティチームによれば、今回提供を開始したDNSのパッチについては、既知の問題を抱えた上でも緊急リリースをするべきか、被害の拡大状況などを日々観測しながら検討を続けてきたが、今回の定例更新による提供になったという。

2007年5月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms07-may.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イベント案内メール誤送信でメアド流出 - 中高生向けコミュニティ
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所
「WordPress 5.7.2」が公開 - 1件のセキュリティ修正
「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
羽生結弦カレンダー販売サイトへの不正アクセス、調査結果を公表
「Salesforce」で約5時間にわたり障害 - 原因は緊急修正の実施
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み