Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2007年第1四半期はマルウェアが急増 - 前年同期比2倍以上を記録

2007年第1四半期にマルウェアの数が急激に増加したことがソフォスの調査によりわかった。

同調査は、同社が2007年第1四半期のサイバー犯罪の傾向をまとめたもの。同社によれば、2007年第1四半期は、あらたに2万3864件のマルウェアを検知しており、前年同期の9450件を大きく上回った。

特にウェブ経由で感染するケースが増えており、同社では毎日平均5000件のペースで悪質なウェブサイトを発見しているという。感染のおそれがあるサイトのうち、70%についてはセキュリティ上の問題を突かれ、改ざんされたウェブページなど、正規サイトだった。

またマルウェアが配信されている国は、中国がトップで41.1%。米国が29.2%で、いずれも3位のロシア(4.6%)や4位のドイツ(4.6%)を大きく引き離した。日本は0.62%で15位だった。

(Security NEXT - 2007/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソフトバンク元従業員が逮捕 - 技術情報を転職先に持ち出しか
職場PCを紛失、虚偽説明した職員を処分 - 香川県
松山市関連スポーツサイトに不正アクセス - 管理者アカウントでログイン
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
メルマガで送信ミス、メアド415件を宛先に - トヨタホーム岐阜
委託先でメール誤送信、セミナー申込者のメアド流出 - 埼玉県
ふるさと納税の受納証明書600人分を別人へ誤送付 - みやき町
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県