Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2007年第1四半期はマルウェアが急増 - 前年同期比2倍以上を記録

2007年第1四半期にマルウェアの数が急激に増加したことがソフォスの調査によりわかった。

同調査は、同社が2007年第1四半期のサイバー犯罪の傾向をまとめたもの。同社によれば、2007年第1四半期は、あらたに2万3864件のマルウェアを検知しており、前年同期の9450件を大きく上回った。

特にウェブ経由で感染するケースが増えており、同社では毎日平均5000件のペースで悪質なウェブサイトを発見しているという。感染のおそれがあるサイトのうち、70%についてはセキュリティ上の問題を突かれ、改ざんされたウェブページなど、正規サイトだった。

またマルウェアが配信されている国は、中国がトップで41.1%。米国が29.2%で、いずれも3位のロシア(4.6%)や4位のドイツ(4.6%)を大きく引き離した。日本は0.62%で15位だった。

(Security NEXT - 2007/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
「ドコモ口座」の不正チャージ、被害124件の補償を完了
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性