Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融庁、東証提出書類を紛失 - 一部には個人情報も

金融庁は、東京証券取引所が提出した定款変更の認可申請書を紛失したと発表した。

同庁によれば、本来提出された申請書は10年間保存する規則になっているが、1996年から2002年までに提出されたうちの6件が所在不明になっているという。

またそのなかの1件には、東証会員総会議長、監事、出席会員代表者など6名分の氏名や印影といった個人情報も含まれていた。現在、個人情報が外部に流出した形跡は確認されていないという。

(Security NEXT - 2007/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消