Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融庁、東証提出書類を紛失 - 一部には個人情報も

金融庁は、東京証券取引所が提出した定款変更の認可申請書を紛失したと発表した。

同庁によれば、本来提出された申請書は10年間保存する規則になっているが、1996年から2002年までに提出されたうちの6件が所在不明になっているという。

またそのなかの1件には、東証会員総会議長、監事、出席会員代表者など6名分の氏名や印影といった個人情報も含まれていた。現在、個人情報が外部に流出した形跡は確認されていないという。

(Security NEXT - 2007/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WordPress 5.7.2」が公開 - 1件のセキュリティ修正
「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
羽生結弦カレンダー販売サイトへの不正アクセス、調査結果を公表
「Salesforce」で約5時間にわたり障害 - 原因は緊急修正の実施
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
「OCカード」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定
配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE