Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモ、請求書など約1820万通でポイント表示に誤り

NTTドコモは、4月に請求書を発行した際、誤ったポイント数を表示する不具合が発生したと発表した。

今回の問題は、同社が送付している請求書などに記載されているポイント数の表示に誤記があったもの。同社では利用に応じてポイントの付加などを実施しているが、「前月からの持越ポイント」「ご利用可能ポイント」「サンクスポイント」などにおいて過少に表示されたという。

誤記載の原因は、ソフトウェアの不具合によるもので、同社によれば約1820万通に影響が出たという。正しいポイント数は、iモードや同社インフォメーションセンター、ショップなどで確認することが可能で、誤表記に関係なく、通常どおり問題なく利用できるとしている。

NTTドコモ
http://www.nttdocomo.co.jp/

(Security NEXT - 2007/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も