Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インターネット協会、有害コンテンツの判断基準を公開 - SNSやブログもフィルタリング対象に

インターネット協会は、インターネット上の有害コンテンツに対する格付け基準「SafetyOnline 3」を策定した。

有識者や関連事業者、PTA関係者で構成される「レイティング/フィルタリング連絡協議会」において検討し、策定したもの。今回のバージョンでは、2002年に策定した「SafetyOnline 2」へ社会情勢の変化やコンテンツの多様化などを反映させた。

従来は危険度をレベル0から4までの5段階にレイティングしていたが、今回から年齢による分類へ変更。また「爆発物製造」や「自殺関連サイト」を追加した。また15歳未満の子供に対しては、個人情報が露出するおそれがあるブログや掲示板、SNSなどの「参加型サイト」を、また12歳未満については、高額な買い物につながる可能性のある「ショッピングサイト」などをフィルタリング対象とした。

(Security NEXT - 2007/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
「ドコモ口座」の一部利用者に対して本人確認実施 - NTTドコモ
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社