Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフト、10日に月例セキュリティパッチを公開 - 「緊急」含む

マイクロソフトは、月例のセキュリティj更新プログラムを10日に公開する予定だ。

Windowsを対象としたセキュリティ更新プログラムは1件だが、深刻度は「緊急」。また、Officeに関するものも3件が公開される見込みで、深刻度が「緊急」のものを同じく含んでいる。同社では、悪意のあるソフトウェアの削除ツールのバージョンアップも実施し、最新版を合わせて公開する予定だ。

同社では、セキュリティ対策ではないが、優先度の高い更新プログラムについても2件を配布する予定。ただし、これらはセキュリティ更新プログラムと異なり、Windows UpdateやSoftware Update Servicesでは公開せず、Microsoft Update、Windows Server Update Servicesを通じて公開するとしている。

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

障害はWindows端末の1%未満、重要サービスでの利用多く影響拡大
「OpenVPN」に「OVPNX脆弱性」 - 3月の更新で修正済み
CrowdStrikeによる障害、約850万台に影響 - あらたな復旧方法も準備中
「CrowdStrike」装う「フィッシング」や「偽修復ツール」に警戒を
先週注目された記事(2024年7月14日〜2024年7月20日)
あらたな脅威へ対応する設定ファイルが原因に - CrowdStrike障害
Windows端末の障害問題に便乗するサイバー攻撃が発生中
CrowdStrike、Windows環境での不具合で声明 - 復旧方法も紹介
一部Window端末が正常に起動できず - CrowdStrikeが不具合認める
システムの仕様を知らずメール誤送信が発生 - 東京都福祉保健財団