Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

さくらインターネット、バリオ「VSR」を採用したホスティングサービスを展開

さくらインターネットは、セキュリティサービスなども盛り込んだ法人向け新サービス「専用サーバPlatform」を2007年1月より提供開始する。

同サービスでは、データセンターにて最大20台までの専用サーバ、ネットワーク機器を設置し、柔軟なシステム構成を利用できる専用サーバサービス。利用目的や規模に応じて、「基本プラン」「サーバ・ネットワーク機器レンタルプラン」「運用・保守サービス」の3種を自由に組み合わせて利用することができる。

「ネットワーク機器レンタルプラン」では、バリオセキュア・ネットワークスのセキュリティアプライアンス「VSR」を採用。これによりファイアウォールや不正侵入検知、自動防御、VPN、ウイルス対策といった複数のセキュリティ機能が1台のアプライアンスで利用できる。

(Security NEXT - 2006/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
「OCカード」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定
配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE
「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性
「Adobe Experience Manager」に6件の脆弱性 - 修正版が公開
eコマースプラットフォーム「Magento」にセキュリティアップデート